会社情報Company info

会社名 株式会社きたやま南山
代表者 代表取締役 楠本貞愛
取締役社長 楠本公平
本社所在地
〒606-0846 
京都市左京区下鴨北野々神町31
電話:075-722-4131
FAX:075-721-6001
創業
設立
資本金 1億円
事業内容 飲食業/食肉販売業/そうざい製造業 (酒販免許、菓子製造・漬物製造許可あり)

「南山」の登録商標に関して

「南山」「NANZAN」は、株式会社きたやま南山の登録商標です。
「南山の寿」/「京たんくろ和牛」/「たんくろ」/「ギューテロワール」も、当社が商標登録しています。

沿革History

  • 1971年

    11月

    創業者孫時英が、滋賀県の永源寺ダムに沈む運命にあった農家を京都の北山通りに移築して開業。有機農業運動と連帯し、「農業思考に基づくのれん分け経営」で全国展開。(大分県、福岡県、鹿児島県、長崎県、山口県、滋賀県、愛知県、山形県、岩手県、秋田県、福島県)

  • 1979年

    4月

    運営会社として㈱きたやま南山(当社)設立。

  • 2001年

    8月

    創業者が引退し、債権者の厳格な管理下で企業再生が始まる。

  • 2004年

    1月

    楠本貞愛が代表取締役社長に就任。


    7月

    南山の本店(永源寺館)を大改装。


    10月

    和牛1頭仕入技術を学び、輸入牛肉から国産和牛仕入れに切り替え。

  • 2005年

    6月~

    国産交雑牛の産直1頭仕入れを機に、「安全安心な食肉仕入れと牛肉料理提供方法の調査研究事業」に取り組み、全国の生産現場や加工・流通現場、牛1頭すべての部位の料理方法を勉強。

    9月

    近江牛の直産一頭仕入れスタート。

    11月

    放牧の「いわて短角和牛」の産直仕入れスタート。

  • 2006年

    6月

    農水省認可「食農協働レストラン事業協同組合」(FARCA)を発足し、隣接ビル2階にFARCAモデル店として「南山はなれ」をオープン。 以後、生産者と消費者をつなぐさまざまな食イベントを展開。※協同組合としてのFARCAは2012年4月末で解散。

    12月

    いわて短角和牛のギフト販売に挑み、食肉販売業の営業許可取得。

  • 2007年

    5月

    「南山食農倶楽部」を発足し、生産者と消費者をつなぐ食育交流事業開始。

  • 2008年

    2月

    JR京都伊勢丹SUVACOでの惣菜やお弁当の販売開始。(2018年6月まで)
    惣菜製造業の営業許可取得。

  • 2009年

    3月

    19頭の近江牛を生んだ母牛の出荷を見送る「敬牛の集い」を開催。
    この記録を、食となる命を見つめる物語「なかのりさん、ありがとう」として絵本とDVDにまとめる。

    京丹後市網野町の「日本海牧場」から和牛間交雑牛タンクロ(黒毛和牛×短角牛)の産直仕入れスタート。

    4月

    「日本海牧場」の京都産タンクロを「京たんくろ和牛」と命名し、国の農商工連携の認定を受けてブランド化と販売拡大事業開始。

  • 2010年

    10月

    牛肉を健康食・美容食として提供する食事法と出会い、糖尿病やメタボを気にする方のための「焼肉ダイエットメニュー」の開発スタート。

  • 2011年

    1月

    「1週間の焼肉ダイエット実証実験に15名が参加し、最大5キロの減量に成功。

    7月

    「人と牛とふるさとを育てる放牧畜産研究会」結成。研究者、獣医師、食肉販売業者などと共に、放牧や自給飼料、エコフィードを活用した「健康な牛」の赤身肉の価値を高める研究と、生産と消費をつなぐ「牛肉のプロフェッショナル」を養成するための研究に取り組む。(文理融合・文系産学連携促進事業)

    8月

    東日本大震災復興応援イベント第1回牛肉サミットに、短角牛生産者さんたちと一緒に出場し、「いわて短角和牛」の串焼きで準優勝。

  • 2014年

    5月

    農水省フードチェーン食育活動推進事業に応募し、畜産を中心とした食育活動「いただきます・ありがとう協働隊」に取り組む(2015年3月まで)

    8月

    第4回牛肉サミットに、三重県の愛農学園農業高校と一緒に出場し、「 高校生が育てた牛1頭まるごといただキーマカレー」で準優勝。

    10月

    日本海牧場さんとの連携で「京たんくろ和牛」をハラール和牛として提供する仕組みをつくり、京都ハラール評議会の認証を受けてムスリムの方への提供開始

  • 2015年

    4月

    牛肉に精通した食のエキスパート養成事業開始。
    滋賀県の精肉店へ研修生1名を派遣。

    8月

    フランス・パリの精肉店へ現社長楠本公平を研修生として派遣。

  • 2016年

    6月

    楠本公平の卒業課題として、パリでオーガニックビーフ「アルモリカン牛」1頭を販売する課題に挑み、収益金1955ユーロ(217845円)を熊本の震災復興義援金として寄付。(東海大学阿蘇キャンパス復興支援として)

    8月

    牛肉に精通した食のエキスパート養成施設として当社ビル地下に「ミートカレッジ・ギューテロワール」開設

  • 2018年

    4月

    食育型保育所「さとのやま保育園」開園(ゼロ歳~就学前40名定員の企業主導型保育所)


    10月

    JR京都駅ビル内、JR京都伊勢丹イートパラダイスに出店(2020年4月にコロナによる自粛休業を余儀なくされ、退店)

  • 2019年

    11月

    スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール大阪府立農芸高校の生徒が育てた黒毛和牛1頭を解体、カットして商品化するプロジェクトに取り組む。南山の地下で初開催した「Be Oneマーケット」で高校生たちの取り組みを一緒にアピール。

  • 2020年

    4月

    楠本公平が社長に就任。
    コロナ禍と共に南山本店を休業するも、食の流れを止めることなく、人が育ち巣立つ場をめざして経営革新に取り組む。 シェフやソムリエ4人を迎え、テイクアウトや新しい業態開発に取り組みつつ、南山本店のリニューアル工事にも着手。
    菓子製造業、漬物製造業許可取得。

    7月

    南山本店リニューアルオープン。1階の本店と地下のミートカレッジ・ギューテロワールが階段でつながり、焼肉、テイクアウト、肉バルが一体となる。

南山 店舗のご案内STORE